インキ仕様

 ご使用の際は、被印刷素材との適否を確認の上ご使用下さい。
 メタリック系インキについては、金粉・銀粉がインキの表面より剥離を起こす可能性もありますので、確認の上ご使用下さ
  い。
 硬化剤BH、LMN−3、LMN−1、BH/GLは空気中の湿気に対し、敏感に感応しますので保存方法にご注意願いま
  す。

インキ 硬化方式 仕上がり
光沢
乾燥時間 硬化剤 混合比 常温時
使用可能
時間
希   釈 保有
色数
指触乾燥 完全硬化
(常温)
インキ 硬化剤 標準溶剤 遅乾溶剤 リターダ
二液反応型 強光沢 10〜15分 5〜6日 BH 4 1 7〜8 VD - VZ 23
B/GL 二液反応型 強光沢 10〜15分 5〜6日 BH/GL 20 1 7〜8 VD - VZ 23
L 二液反応型 強光沢 60分 3〜4日 LMN-3 2 2 7〜8
(LMN)
VDS380 VDL380 VZ380 23
N 二液反応型 強光沢 2〜3分 3〜4日 LMN-3
LMN-1
5 1 12 VDL1015 - VZ380 23
P 一液二液両用型 半光沢 2〜3分 1〜2日 BH 10 1 10 VD - VZ 23
DS 蒸発乾燥型 半光沢 1〜2分 1〜2日 - - - - VD - VZ 16
UV-M 紫外線硬化型 半光沢 - - - - - - - - - -

色調インキ

新規手配について


ご注意 ご注意
 新規調色の場合は、“新規調色インキ注文書”に必ず記入の上、ご発注下さい。
 色見本は、必ず添付して下さい。(生インキの場合は、50g以上)
 所定の製品に印刷しながら調色する場合は、特別料金になります。
 調色インキは、色見本に対して近似色となりますので、ご了承下さい。
 メタリック系インキについては、金粉、銀粉がインキ表面より剥離を起こす可能性
  もありますので、ご確認の上ご使用下さい。

消防法による危険物および有機溶剤中毒予防規則の分類


品名
消防上の分類
有機溶剤中毒予防規則上の分類
インキ
B. P. B/GL. DS
第4類2石油類
第2種有機溶剤
N. L
第4類3石油類
シンナー
VD.VDS380.VDL380.VDL1015
第4類2石油類
VZ. VZ3. VZ380
第4類3石油類
硬化剤
BH. LMN-3. BH/GL. LMN-1
第4類2石油類

労働安全衛生法57条に基づく有害物質


品名
タイプ
有機物質
含有率(%)
インキ
B
シクロヘキサノン
キシレン
2.5〜10%
2.5〜10%
B/GL
シクロヘキサノン
2.5〜10%
P
シクロヘキサノン
10〜25%
DS
シクロヘキサノン
10〜18%
シンナー
VD
シクロヘキサノン
酢酸ブチル
25〜50%
10〜25%
VDS380
VDL1015
シクロヘキサノン
20〜25%
硬化剤
BH
トルエンジイソシアネート
酢酸ブチル
0.1〜1%
25〜50%
LMN-3
LMN-1
酢酸ブチル
25〜50%
20〜25%
BH/GL
メタノール
< 1%